de witt iowa dating - Wdlxtv live webinterface updating umsp plugins


wdlxtv live webinterface updating umsp plugins-25

REX-WIFIUSB1にWi-Fi接続すると、インターネットにつながらなくなって困ります。 インターネットブリッジ機能を使うと、REX-WIFIUSB1がクライアントとして接続しているAP経由でインターネットに出ていくことができます。 設定は、Web管理マネージャーの「設定>ネットワーク>インターネット」などからできます。周辺のWi-Fiネットワークをスキャン、接続したいSSIDを選び、パスワードを入力して「適用」ボタンを押せばOK。 インターネットブリッジ機能でREX-WIFIUSB1が接続するAPは、スマートフォンのテザリング機能で作ったものに設定すると便利そうです。 残念ながらi OSのインターネット共有機能で作ったAPには接続できませんでした。 AndroidのポータブルWi-Fiアクセスポイント機能で作ったAPには接続できました。 外出中でもREX-WIFIUSB1のLinuxコマンドでインターネットアクセスができるので、何かと使い出がありそうです。 REX-WIFIUSB1とAndroid端末がポータブルWi-Fiアクセスポイント機能によるテザリングでつながっているときに、Android端末側からREX-WIFIUSB1にアクセスすることもできます。この場合、REX-WIFIUSB1に割り振られるIPアドレスはもちろん「.254」ではありません。割り振られたIPアドレスは、Web管理マネージャーの「インフォメーション>ネットワーク>インターネット」で確認できます。 i OSの場合、REX-WIFIUSB1をインターネット共有の子機にできません。 外出中かつREX-WIFIUSB1にWi-Fi接続中にインターネットの同時利用ができないかというと、そんなことはありません。 以前以下で書いた設定をREX-WIFIUSB1にも適用します。 普通にREX-WIFIUSB1にWi-Fi接続。「設定>Wi-Fi」を見て、WIFIUSB1-xxxxを探す。DHCPから振り出されたIPアドレス、サブネットマスク、ルーター、DNSをメモ。 IPアドレスを「静的」にし、メモしたIPアドレス、サブネットマスク、ルーター、DNSをこちらに移す。 これで、i OSとの組み合わせ、外出先といった環境でも、REX-WIFIUSB1へと、インターネットへのアクセスを両立できます。 もっとも、この場合REX-WIFIUSB1のLinuxコマンドからインターネットに接続する、といったことはできませんが。 これまで見てきた通り、REX-WIFIUSB1は単なるUSBストレージに限らず、SHARPの電子ノート、Kindle PaperwhiteなどをWi-Fiストレージ化できて、rootの取れないAndroid端末、i OS機との間の連携をもたらしてくれる点で素晴らしい。 また、搭載されたLinuxを操作する手段、自分でcgiを書く余地を備え、カスタマイズによって連携度を密にできる側面もあります。i OS機においては、i OS機にWeb経由でカメラロールに直接画像をアップロードできるようにするサーバ機能を持つ、完全にプログラマブルに処理できるとの組み合わせで、可能性は大きく開くでしょう。 楽しいオモチャが一つ増えました。 - , , , , 無線LAN内蔵SDカードアダプタSPECTEC Cloud Flash CLF-WF01。 Micro SDHCカードを挿入し、デジカメに入れて使うものです。こんなに小さいものなのに、無線LANが内蔵されています。 これがあれば、デジカメからスマートフォンに、無線LAN経由で画像が転送できるようになります。 僕が買った2013年7月時点では3,980円でしたが、2014年3月現在では値下げされて1,980円になったようです。(2014年3月8日10時現在、Amazonにての1,980円販売の業者分完売→楽天でも1,980円だったので貼りました→楽天も完売しました→ほとんど同じ製品のマジオススメ) Cloud Flashは、見た目冴えない。聞いたこともない。ということで眼中にない人がほとんどではないかと思います。 しかし、こいつは実のところ、かなりエッジの効いたやつなのです。これまでブログで紹介してこなかったのは同価格帯にPQI Air Cardがあったからですが、1,000円以上も安いのなら話は別です。(続きは[Read More]から) Cloud Flashはカードアダプタのみの販売で、そこに挿すmicro SDHCは別売りになっています。 組み合わせるmicro SDHCを選べたり、満杯まで撮影した後、差し替えて二の矢を継げるのが、SDカードアダプタタイプのメリット。 Class 4〜Class 10、4GB〜32GBまでのmicro SDHCが使えますが、UHS-I対応の高速micro SDHCカードを使うと、恐らくUHS-I対応デジカメで使えないので注意。 UHS-I対応デジカメであるDP2 Merrillでの動作状況はこちらにまとめてあります。PQI Air Cardでのものですが、Cloud Flashでも基本的に同じ。 公式サイトでは「東芝製 / SANDISK製 / PANASONIC製」が推奨されています。 Transcend (Class10 32GB)が安定的選択ではないかと思います。 残念ながら、Cloud Flashは、すべてのデジカメで使えることが保証されるタイプの製品ではありません。互換が確認された機種リストが公式サイトに掲載されています。 互換性リストにないRICOH GRと、SIGMA DP2 Merrillで使えていますが、動作の保証はできかねますので悪しからず。 Cloud Flashにmicro SDHCカードを挿入。さらに、それをデジカメに挿入。デジカメの電源をオンにします。 しばらくすると、Cloud FlashのSSIDが現れます。 接続後、ブラウザで192.168.1.1に接続すると、Cloud Flash内部で立ち上がっているWebサーバによるWebページが表示されます。 Setupタブでは、Wi Fiを起動時にオンにするかどうか、SSID名、セキュリティに関する設定、無線LANのチャンネルの設定ができるようになっています。 Picturesタブでは、micro SDHC上の画像のサムネイル一覧が見られます。また、実画像のダウンロード、小さめの画像によるプレビュー、Javaがインストールされていれば、チェックボックスを付けた後の複数画像一気ダウンロードなどができるようになっています。 Videosタブでも、Picturesタブ同様に、micro SDHC上の動画の一覧が見られます。サムネイル表示は機能しない場合が多そうですね。 Cloud Flashの転送スピードは800Kb/sec程度なので、動画での実用は難しいかと思います。 i OSでもMacとほぼ同じです。 Cloud FlashのSSIDが表示されたら接続。 ブラウザで192.168.1.1へ接続。Macでのケースと同じページが見えました。 Cloud Flash用の公式アプリがリリースされています。 カテゴリ: Photo & Video 販売元: STARK INFO CO., LTD.(サイズ: 1.4 MB) 全てのバージョンの評価: (6 件の評価) SSID「Cloud Flash」に接続した後、アプリを起動。 メニューの「写真閲覧」を選ぶと、micro SDHCの中身がアプリからも見えました。 写真のサムネイルをタップすると、ダウンロードが始まります。ここからカメラロールへの保存が可能です。 公式アプリの欠点は、複数画像の一気ダウンロードができないことです。 Cloud FlashはAndroidにも対応しています。 カテゴリ: ツールGoogle Playで詳細を見る Cloud Flashのマニュアルはここにあります。 PQI Air Card用の代替アプリ、Air Pict for PQI Air Card。 これがCloud Flashでも使えました。 公式アプリにできない、複数画像の一気ダウンロードが可能なのでオススメです。 カテゴリ: Photo & Video 販売元: 啓 Ito(サイズ: 902 KB) 全てのバージョンの評価: (12 件の評価) 無線LANをCloud Flashに接続している間、3G/LTEがあってもインターネットにつながりません。 これは、設定で回避できます。 Cloud Flashに対しポートスキャンをかけると、http、ftp、telnetのポートが開いています。 httpについてはこれまで見てきた通りですが、ftp、telnetが気になりますね。 OS X用のftpクライアント、FlowでCloud Flashに接続してみました。 カテゴリ: Developer Tools 販売元: Extendmac, LLC.(サイズ: 4.2 MB) 全てのバージョンの評価: (10 件の評価) アドレスに192.168.1.1を指定。プロトコルはftp。ユーザ名、パスワードは空欄で接続してみると、難なくつながりました。 「sd」の下がmicro SDHCのルートディレクトリになっていました。sdへのフルパスは「/mnt/sd/」です。 残すtelnetで接続してみました。こちらも、ユーザ名、パスワードなしですんなり接続できました。 ARM CPUを搭載。OSはLinuxですね。 システムをいろいろ調べてみました。 perlが入っていました。socketは使えませんが、busyboxのwget、ncftpputを使うといろいろできます。 # perl -v This is perl 5, version 14, subversion 1 (0x184190) built for unknown Copyright 1987-2011, Larry Wall Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on this system using "man perl" or "perldoc perl".

There is also a README included in every releases zip, which contains default passwords and other information, you are highly suggested to read it. If you are a power user then you’ll be able to harness your Linux skills and fly off into the world of homebrew, wondering why you delayed any longer than you did.

Features included in WDLXTV-Live/Plus: NOTE: I am not responsible for anything crazy that might happen during the process of flashing this firmware.

It enables a wide range of extra functionality which is missing from the official firmware, such as bittorrent, webserver, NZB, SSH, FTP, NFS, etc.